散水システム 自作

散水システム 自作

探している "散水システム 自作"?

記事 散水システム 自作

どのような記事何についてGoogleで見つけることができます 散水システム 自作:

記事 #1

     旅行や出張など数日留守にする場合や、小品盆栽など1日に数回水をやらないといけない場合、自動潅水装置があれば、非常に便利です。自動潅水装置は、大きく分けて、水遣りタイマーと散水装置に分けられます。水遣りタイマーは、どこのメーカーでも大差ないのですが、散水装置は、個人により全く環境が違うので、パーツを買い自分の庭にあったものを作ったほうが良いものができます。
私は、現在5台の自動潅水装置を使っています。潅水の全部を自動潅水でしていたときもありましたが、今は、1日に2回潅水するときの1回は、手動にしています。潅水時には、水をかけるだけでなく、水をかけながら虫や病気がないか植物を観察すると言う、重要な役割があるからです。

  ( ey4100dx2 )

1譌・縺翫″繝サ2

蜊亥燕5110111 1蝗槭▼縺、 1譌・3

351020305

螳溷」イ萓。譬シ

15,000

莉伜ア槫刀

轤ケ貊エ繝弱ぜ繝ォ10譛ャ繝サ蝎エ髴ァ繝弱ぜ繝ォ1

蛻・螢イ

34

諢滓Φ

1譌・縺ォ2すぐ水遣りのボタンを押したときの潅水時間が30分の固定で変更できない。

 

 タカギ ミズヤリタイマー
 
右が新型。旧型に比べ設定がしやすくなっている。また、水分センサーに対応している。
また、設定も分かりやすくなっている。

1譌・縺翫″繝サ2

1日2回まで設定できる 

1分単位 1回目と2回目の潅水時間を別々に設定できる。

螳溷」イ萓。譬シ

13,000

莉伜ア槫刀

マカロニホース 25m  ソフトスプリンクラー8本 5分岐コネクター 1個 4分岐チューブジョイント 2個 コネクター 1個

蛻・螢イ

34

諢滓Φ

1譌・縺ォ2すぐ水遣りのボタンを押したときの潅水時間を変更できる。水道の蛇口に直接取付ができるので、本体を取り付ける支柱などがいらない。
散水装置の部分とは、ジョイントでつながっているので間単にはずすことができる。

付属品 付属品のソフトスプリンクラーは、盆栽の潅水をするのには便利。ナショナルの付属品よりタカギの付属品の方が使い勝手がはるかに良い。まだ、3個しか使ったことがないが、ナショナルに比べ壊れやすい。新型は、2年保証になったので丈夫になったかも。
ナショナルより良い点 新型から2年保証になっている。
水遣りの時間が1分からできる。(ナショナルは3分から)
1日に2回水をやるとき別々に時間を設定できる。
すぐ水やりの時間の変更ができる(ナショナルは30分固定)
価格が安い(2〜3割ほど安い)
取り付けが楽(水道の蛇口があれば、支柱などがいらない。)
水分センサーをつければ、雨の日の水遣りを回避でき水道代の節約になる。
付属品が使い物なる

悪い点

カバーは、ナショナルは下から開くので中が汚れにくい。
電池を入れるところもナショナルは、下から入れるので入れやすいし、水が電池ボックスの中に入らない。
1週間に1回の灌水設定ができない。

 散水ノズル方式
用意するもの
水遣りタイマー・塩ビ管 1320mm・塩ビ管と水道ホースを繋ぐジョイント・水道のホース・ホースを止めるバンド・散水ノズル・支柱(竹や木だとすぐに腐るので、ヤザキのイレクターや、ビニルハウス用の支柱などがよい)・塩ビ管と支柱を固定する針金(ビニルハウス用の針金が便利)・ドリル(電動が良いがハンドドリルでも可)・・水道工事用のプライヤー(あれば便利)
1.塩ビ管に50〜10016mmの塩ビ管に直径3.5(ミニスプリンクラー)をつける場合は、直径5.0mmの穴をあけ、6mm×1.0のタップでねじ山をつける。タップは、300円くらい、塩ビなのでねじ山は簡単にできる。
 
 
 。
 散水ノズル。塩ビ管に3.5mmの穴をあけ取り付けます。
この散水ノズルは、JAグリーンから購入したものです。5個で160円くらいなので安くできます。
 

点滴方式




拡大図
盆栽の幹を丸く囲んでしまえば、ミニフォルダーで押さえなくても良いが、鉢を別の場所に動かす場合は、マカロニホースを外さないといけないが、なかなか外れない。滴下ニップルを使う代わりにマカロニチューブにドリルの1.5mm)




 

0570 ミニ継手
マカロニホースをつなぐのに使います

0573
ミニ取出し
塩ビ管からマカロニホースを取り出すときに使います

0575
ミニエルボ
塩ビ管からマカロニホースを取り出すときに使います

0574
ミニプラグ
不要になった穴をふさぐのに使います

0571
ミニチーズ
マカロニホースを分岐するのに使います

5740
滴下ニップル
水をポタポタ落とすもの

5741
滴下エンド
水をポタポタ落とすもの

5780
マカロニホース
内径4ミリ 外形6.5ミリの軟質ホース
黒いのでホースの中に藻ができにくい。
一般に市販されている透明なマカロニホースは、ミニ取出しに付けるとき質が弱いので取り付けにくい。

5745
ミニホルダー
マカロニホースの固定に使います


0578B
取出しソケット
ミニ取出し・ミニエルボ・ミニスプリンクラー・ミニスプレイなどを取り付ける穴のあいた塩ビのソケット
直径5.0mmの穴をあけ、6m×1.0のタップでねじ山をつければ簡単に自作できる。


ミニスプリンクラー

5742
ミニ中間コック
マカロニホースの水量の調整に使います

0577

5692

 

 

5757
ファイブ取出し
マカロニホースの取出し口


ミニスプリンクラー・ミニスプレイ
ミニスプレイは散水角度が90度 180度 360度の3種類がある。

 ビニルチューブに穴を空けて自作した潅水チューブ

 チューブの穴は、電気ドリルか、針金を熱して穴を開けます。間隔は、3cmくらいにしています。この写真では、透明のチューブを使っていますが、長く使っているとチューブの中に藻が生えて穴が詰まるので、黒いチューブを使った方が長くもてます。

鉢が大きい場合には、潅水チュウーブを2重にすると潅水ムラが軽減できます。。このとき、潅水チューブは、塩ビ管より別々に取らないと水圧が下がり穴から水が出にくくなります。

 

ウォーターマットを鉢の上に敷き、その上から潅水する例。点から面の潅水になり、潅水むらが軽減されます。植え替えをした年など排水が良すぎるときには便利です。


 

 

水圧が高いため水が飛び出し鉢内に潅水ができていない例。右の写真のようにチーズを使って分岐すると水圧が下がる。

 

Source: http://nao-k.jp/engei/youhin/kansui/jidoukansui.html



記事 #2

わが家では、毎年、バジル・オレガノ・青ジソをベランダで育てています。

ベランダ菜園で困るのが、お泊りするときの水やりです。

市販品の自動水やり器は、高価で近くにコンセントや水道の蛇口が必要だったりと、我が家では導入が難しそうでした。

作った自動水やり器の特徴

  • ベランダ菜園など小規模向け
  • 100円ショップやホームセンターで買える材料で製作
  • 材料費1500円以下
  • コンセントが近くに無くても大丈夫(電池で動く)
  • 水道の蛇口が近くに無くても大丈夫(バケツから給水)
  • 工作難易度はやや高め(ハンダが必要なので)

必要なモノ

必要な材料

  • 電動灯油ポンプ(自動停止機能付きの物):400円~800円
  • 銅線:約100円
  • アナログ目覚まし時計:100円ショップ
  • ホース:約50円
  • ペットボトル:再利用0円
  • 貯水タンク(バケツなど):家にある物を利用0円

必要な道具

  • ニッパー
  • ハンダごて、ハンダ
  • ドライバー
  • ドリル

ハンダごて以外は100円ショップで調達可能です。

電動自動水やり器の作り方

1.目覚まし時計を改造してタイマーを作成

分解はここで終了です。必要により残った歯車も外しますが。

続いて、改造していきます。

切り離す部分は、

②の電池マイナス側のバーを切り離す
③の回路のマイナス側の爪を切り離す

ただし、バー根元の方から曲げ癖を付けてしまうと、時計が遅れるようになってしまいますので、注意しましょう。

時計回路の完成!あとは、元に戻して終わりです。

これで、時間になったらスイッチオンにしてくれる部分が出来ました。

2.電動自動灯油ポンプを改造し目覚まし時計と接続

元のスイッチに直列に目覚まし時計を接続すれば、ポンプのスイッチがオフならば目覚まし時計に関係なくポンプが動きませんので便利ですが、改造が面倒なので、並列に接続する方法にしました。

目覚まし時計と電動灯油ポンプの接続が完了しましたら、ほぼ完成です。

これで、設定した時間になったら、ポンプを動かし、バケツの水をポンプで汲んで、水やりできます。

3.ポンプの自動停止のための小出しタンク作成

上記1・2だけでは、まだ問題があります。

15分もポンプを動かしていたら、バケツの水が直ぐに終わってしまいますし、植物にも水のやり過ぎでよくありません。

そこで、電動灯油ポンプに元から付いている、自動停止機能を利用して、水やり時間を調整することにします。

この小出しタンクの容量を大きくすれば、水位上昇に時間がかかるため、ポンプのオン時間が長くなり、たくさんの量の水やりをすることができます。

そのほかに、鉢に供給する量を増やしたり、ポンプから小出しタンクへの供給量を少なくすれば、水位上昇が遅くなり、水やり量を増やせます。

これで、水やり量を調整することができるようになりました。

4.複数の鉢に水やりするため塩ビパイプを加工

植物の種類によって、必要な水量がことなるため、この穴の量によって調整しています。

我が家では、かなり細い径の100円ショップのハンドドリルを使って開けました。

これで完成です。

電動自動水やり器の注意ポイントまとめ

  • 1日に2回の水やりとなります。
    アナログ目覚まし時計をのため、午前午後の区別ができません。
    よって、アラーム針で6時に指定すると実際に自動水やりするのは6時と18時になります。
  • ポンプを止めるためには、小タンクの水位が必要です。
    以下の場合は目覚まし時計が自動でオフになる約15分間はポンプが動き続けてしまいます。
    ①バケツの水がなくなってしまった場合
    ②ポンプから小タンクへ供給する水量 <  小タンクから鉢へ供給される水量
    ③ポンプの水の出口部分が小タンクから外れてしまった場合
    など
  • ポンプのスイッチがオフになっていても、目覚まし時計がオンになるとポンプが動き出します。

Source: http://imohapi.com/mizuyariki/



動画を見ます 散水システム 自作

あなたは、YouTube上で見つけることができますどのような:

雨水タンク(自作)作成 雨どい集水器(取水器) マルトラップ

Leave a Replay

Make sure you enter the(*)required information where indicate.HTML code is not allowed